平成26年4月からペースメーカーや人工関節等を入れた方に対する

身体障がい者手帳の認定基準が変わります

 

 

○平成26年4月から、ペースメーカや人工関節を入れた方に対する身体障がい者手帳の

認定基準が変わります。

平成26年4月1日以降の申請から新たに認定基準の対象になります。

(1)    ぺースメーカ等を入れた方(心臓機能障害)

平成26年3月まで                                 平成26年4月から
一律1級に認定  1級、3級、4級のいずれかに認定、3年以内に再認定を実施

 

(2)人工関節等を入れた方(肢体不自由)

股関節・膝関節

平成26年3月まで          平成26年4月から
一律4級に認定     4級、5級、7級、非該当のいずれかに認定

 

足関節

平成26年3月まで          平成26年4月から
一律5級に認定     5級、6級、7級、非該当のいずれかに認定

 

ただし、平成26年3月末までに診断書・意見書が作成された方については、同年6月末

までに申請すれば従来の基準で認定されます。

診断書・意見書の有効期間は原則3ヶ月間となりますのでご注意

ください。詳しくは下記、厚生労働省のホームページをご参照ください。

http://www.mhlw.go.jp/public/bosyuu/iken/p20131125-03.html