場所

柏町3丁目

指定年月日

平成元年3月31日

 正保5年(1648)の銘が刻まれた石幢庚申で、市内の近世の石仏や石神の中では最も古く、石幢の六面に六地蔵を配した歴史的価値の高いものである。