高齢者保健福祉計画・第8期介護保険事業計画

介護保険法第117条の規定に基づき、市町村は介護サービスの見込量や介護保険料などを定めた「市町村介護保険事業計画」を定めることとされています。
この計画は3年に1度見直すこととされており、令和3年度から令和5年度までの3か年が計画期間となります。

また、老人福祉法第20条の8においても、市町村は高齢者に対する福祉事業に関する事項などを定める「市町村老人福祉計画」を定めることとされており、これらを一体とした「高齢者保健福祉計画・第8期介護保険事業計画」を定めました。

施策の体系(「志木市将来ビジョン」における該当章及び節)

第1章市民力が生きるまちづくり

基本的施策1-3高齢者がいきいき暮らすまちづくり

現行計画の期間

令和3年度から5年度まで(3年間)

主たる根拠法令

老人福祉法第20条の8
介護保険法第117条

計画の概要

基本理念「地域で支え合い  笑顔とふれあいあふれる 福祉のまちづくり」を第7期計画から継続し、高齢者保健福祉及び介護保険事業に係る施策全般を円滑・着実に実施していくための3年間の目標値を定めた計画

高齢者保健福祉計画・第8期介護保険事業計画

総論(第1章から第4章まで) [1856KB pdfファイル] 

各論(第5章、第6章) [1542KB pdfファイル] 

資料編.pdf [595KB pdfファイル] 

高齢者保健福祉計画・第8期介護保険事業計画(概要版)

高齢者保健福祉計画・第8期介護保険事業計画(概要版) [1034KB pdfファイル] 

入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。