志木市民の町内会への加入の促進に関する協定について

平成26年9月12日 金曜日に、 志木市、志木市町内会連合会、公益社団法人埼玉県宅地建物取引業協会県南支部の三者による同協定を締結いたしました。

 調印式写真

(写真は左側から大木勝臣 町内会連合会長、香川武文 市長、荒井一昌 県南支部長、矢吹房男 県南支部志木地区長)

協定の目的

地域コミュニティの要でもある町内会への加入促進を図り、市、町内会、宅建事業者の三者が相互に協力し、地域の「共助」や「絆」づくりを目指すものです。
また、近年減少しつつある町内会加入率の増加を図るとともに、市民主体のまちづくりを一層推進することを目的としています。

協定の内容

公益社団法人埼玉県宅地建物取引業協会県南支部の加盟店において、志木市の物件の新規入居者や住宅購入者等に対し、町内会連合会が作成した町内会加入促進に必要な啓発物品を配布するとともに、アパート等の管理又は仲介の新規契約時における町内会への加入の働きかけを行います。