こんなときには、年金の届出をしましょう。

 

こんなとき 手続き どこで
会社を退職したとき 会社を退職され、厚生年金から国民年金第1号被保険者(ご自分で年金保険料を納める方)になる場合、加入手続きが必要です。 市役所
就職するとき 就職して厚生年金に加入する場合は、市役所への手続きは不要です。 勤務先
配偶者の扶養でなくなったとき 厚生年金に加入している配偶者の扶養(国民年金第3号被保険者)から国民年金第1号被保険者への変更手続きが必要です。 市役所
配偶者の扶養になったとき 厚生年金に加入している配偶者の扶養になるときは、市役所への手続きは不要です。 配偶者の勤務先
配偶者の扶養になっていたが、厚生年金に加入するとき 就職や勤務時間の変更などで厚生年金に加入する場合は、扶養でなくなる手続きも必要です。 勤務先、配偶者の勤務先
納付書を紛失したとき 市役所では発行できないため、日本年金機構の電話センターへご連絡ください。 ねんきん加入者ダイヤル(0570-003-004)
年金手帳を紛失したとき 加入されている年金制度により手続き先が違います。 市役所、年金事務所、勤務先、配偶者の勤務先
年金証書を紛失したとき 年金を受給されている場合は、年金証書を再交付することができますが、市役所では発行できません。 年金事務所
住所を変更したとき 住民票の届出を総合窓口課、各出張所で行っていただければ、国民年金のお手続きは不要です。  
氏名を変更したとき 住民票の届出を総合窓口課、各出張所で行っていただければ、国民年金のお手続きは不要です。  

 

 

入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。