マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります

令和3年10月(予定)から、医療機関や薬局の窓口においてオンラインでの資格確認が開始されます。

これに伴い、事前に登録(初回登録)手続きを行えば、従来の保険証とは別に、マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります。

※令和3年10月から順次医療機関等で利用が可能となります。オンライン資格確認の環境整備が整っていない医療機関等については、引き続き保険証の提示が必要となりますのでご注意ください。

※マイナンバーカードを保険証として利用できる(オンライン資格確認を導入している)医療機関や薬局等は、厚生労働省・社会保険診療報酬支払基金のホームページに一覧が掲載される予定です。
また、マイナンバーカードを保険証として利用できる医療機関や薬局には、以下のようなマイナ受付のポスターやステッカーが施設内に掲示される予定です。

ステッカー・ポスター例(マイナンバーカードを保険証として利用可能)

オンライン資格確認とは

医療機関や薬局などの窓口で、マイナンバーカードを顔認証付きのカードリーダーにかざすことで本人確認及び資格確認を行うことができるようになります。

オンライン資格確認(外部サイト) 

利用には事前登録が必要です

マイナンバーカードを保険証として利用するためには、事前にマイナポータル上での登録が必要です。マイナポータルには、パソコン(ICカードリーダーが必要)やマイナンバーカードの読み取りに対応したスマートフォンからもログインできます。

マイナポータル(外部サイト) 

マイナンバーカードを保険証として利用することのメリット

健康保険証としてずっと使える

マイナンバーカードを使えば、就職や転職、引越ししても保険証の切替えを待たずにマイナンバーカードで受診できます。

※医療保険者への加入の届出は引き続き必要です。(届出については「国民健康保険に加入しなければならない人・加入をする時、やめる時」をご参照ください。) 

医療保険の資格確認がスピーディに

カードリーダーにかざせば、スムーズに医療保険の資格確認ができ、医療機関や薬局の受付における事務処理の効率化が期待できます。 

手続きなしで限度額以上の一時的な支払が不要に

限度額適用認定証がなくても、高額療養費制度における限度額以上の支払いが免除されます。

※保険税の納付状況などによっては、限度額以上の支払いが免除されない場合があります。 

健康管理や医療の質が向上

マイナポータルで自分の特定健診情報(令和3年10月までに開始予定)や薬剤情報(令和3年10月予定)を確認できるようになります。
また、本人が同意すれば、初めての医療機関等でも、今まで使った薬剤情報や特定健診情報が医師等と共有でき、健康管理や医療の質が向上します。  

医療保険の事務コストの削減

医療保険の請求誤りや未収金が減少するなど、医療保険者等の事務処理コスト削減につながります。 

医療費控除もカードで便利に

マイナポータルを活用して、ご自身の医療費情報を確認できるようになります。(令和3年10月予定)

また、令和3年分所得税の確定申告から、医療費控除の手続きで、マイナポータルを通じて自動入力が可能になります。 

マイナンバーカードの安全性

  • カードリーダーに本人がカードをかざすので、医療機関や薬局の窓口の職員がマイナンバーを見ることはありません。

  • マイナンバーカードの保険証利用には、ICチップの中の電子証明書を使用するため、マイナンバー(12桁の番号)自体は使われません。 

  • 診療情報がマイナンバーと紐づけされることはありません。 

  • カードのICチップの中に、受診履歴や薬剤情報などのプライバシー性の高い情報が記録されることはありません。

  • 紛失や盗難などの場合は、フリーダイヤル(0120-95-0178)により、24時間365日、カードの一時利用停止を受け付ける体制がとられています。

令和3年4月以降に交付する被保険者証等から枝番が印字されています

  • オンライン資格確認の開始に伴い被保険者証等を個人単位化する必要があることから、2桁の枝番が印字されています。 

 

入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。