福祉避難所

福祉避難所とは、一般的な避難所では生活が著しく困難となる高齢者や障がい者、その他の特別な配慮を必要とする要配慮者を受け入れるための二次的な避難所です。

災害時には、各施設の安全確保や職員の配置等の確認を行った上で、施設の空きスペース等を利用して開設する必要があるため、最初から避難所としては開設しません。

そのため、原則、災害時に直接連絡及び避難することはできません。

まず、近くにある一般の避難所へ避難していただき、避難された方々の身体等の状況から避難所での生活が困難と判断した場合に、必要性の高い方から優先的に福祉避難所へ移っていただきます。

また、福祉避難所の対象となる方としては、高齢者、障がい者、妊産婦、乳幼児、病弱者等の避難所生活において何らかの特別な配慮を必要とする人と介助者(1名程度)です。

災害時指定避難所及び指定緊急避難場所一覧

本市の災害時指定避難所及び指定緊急避難場所一覧については、下記をご参照ください。

また、志木市では、民間社会福祉施設等と「災害における福祉避難所としての施設利用に関する協定」を締結し、その協定施設6か所を福祉

避難所に指定しています。

災害時指定避難所及び指定緊急避難場所一覧

災害における福祉避難所としての施設利用に関する協定.pdf [68KB pdfファイル] 

入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。