ダニ媒介感染症に係る注意喚起について

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は、主にウイルスを保有しているマダニに咬まれることにより感染するダニ媒介感染症です。

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)や日本紅斑熱を含むダニ媒介感染症については、発生地域の広がりとともに、国内での報告数は年々増加傾向にあります。

また、発熱や筋肉痛などを主徴とする感染症の原因となる新しいウイルスであるエゾウイルスが北海道において発見されました。

草むらや藪などマダニが多く生息する場所に入る場合には、長袖、長ズボンを着用し、サンダルのような肌を露出するものは履かないようにしましょう。

詳しくは、下記のホームページをご確認ください。

参考

 

入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。