令和4年度のしょく(食・職)場づくり講座が始まりました!

人生100年時代を見据え、子どもから高齢者まですべての世代が地域の中で健やかで心豊かに生活できる活力ある社会を実現するため、地域での食育活動を「食」と「職」で応援します。

目的

市民が主体となって、地域の人が食事をともにする共食の場を創出するため、食の担い手となるサポーターを育成することで、自立した地域食育活動の展開を推進し、子どもや高齢者の孤食の防止をはじめ、食生活の改善にもつなげます。

特色

地域で活動したい人はもちろん、料理や健康に関心のある人、仲間を作りたい人、活動に興味のある初心者の人も大歓迎、どなたでも参加できます。

地域活動の情報や、栄養、献立作りのノウハウ、継続的な活動に必要な事業計画の立て方などの相談もできる講座です。

講座に参加し、MYプラン(※)の企画書が作成できた方に「しょく(食・職)場づくりサポーター認定証」を進呈します。

※MYプランとは、講座を受講しながら考える「自分のやりたいことや、あったらいいなと思う講座」の企画案です。

実施時期

令和4年7月から令和5年2月まで

毎月1回から2回の講座を実施します。

講演会を開催しました。

地域でつながる健康づくり 「食べる!」を通じた地域活動のヒント

講師:東京都健康長寿医療センター研究所社会参加と地域保健研究チーム研究部長 藤原佳典先生

日時:令和4年7月29日(金曜日)10時から12時

場所:いろは遊学館ホール

参加者:43人

内容:地域活動による健康寿命の延伸効果や活動を楽しむためのコツについて

講演の様子 講演会の様子

参加者からの声を紹介します
  • 多世代との関わりが自身の健康、地域の方の健康にもつながるので、まずは挨拶、声掛けなど大切にしていきたい。
  • ボランティア活動と健康生活の大切さや繋がりがよく理解できました。
食育編第2回を開催しました

日時:令和4年9月8日(木曜日)10時30分から12時30分

場所:オンライン(ZOOM)いろは遊学館調理室より配信

内容:オンラインで料理に挑戦してみよう!

卵としらすのおにぎり、揚げ玉のおにぎり、蛇腹きゅうり、鯖缶の味噌汁全4品を作りました。

食育編の様子 料理

参加者からの声
  • ZOOMの画面を見ながらの調理講座はやりやすかったです。
  • 初めてのオンライン講座でちょっと心配でした。焦ることもありましたが経験できて良かったです。また、参加させて欲しいです。
  • 自宅でできるのでありがたいです。

講座案内

食育編第3回

日時:令和4年10月6日(木曜日)10時30分から12時30分

場所:いろは遊学館

定員:20人

内容:一緒に作って楽しい!集いのお楽しみレシピ

講師:健康政策課管理栄養士

食育編のチラシ.pdf [139KB pdfファイル]

活動編第3回

日時:令和4年10月26日(水曜日)10時30分から12時30分

場所:いろは遊学館調理室

対象:どなたでも

定員:15人

内容:食を通して異文化体験!ベトナム人ママさんとベトナム家庭料理を作ってみよう!

講師:しょく場づくりサポーター、健康政策課管理栄養士

活動編チラシ.pdf [127KB pdfファイル] 

養成編

日時:令和4年11月2日(水曜日)10時から12時

場所:志木市役所会議室

対象:どなたでも

定員:20名

内容:志木市の健康課題について、チラシの作り方

講師:健康政策課職員

養成編のチラシ.pdf [224KB pdfファイル] 

申込方法

講座申込書.docx [13KB docxファイル]  に必要事項を記入して、FAXもしくはメール、または二次元コードから、お申し込みください。 

FAX

048-474-4462

メール

syokuba@city.shiki.lg.jp

申し込みコード

申し込みコード

入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。