令和4年度以降の志木市成人式の対象年齢について

民法の一部改正する法律(平成30年法律第59号)の施行により、令和4年4月1日から成人年齢が18歳に引き下げられることを受け、志木市では、令和4年度以降の成人式の対象年齢について検討を進めてまいりました。その結果、対象年齢は引き下げず、引き続き「20歳」の方を対象に、式典を開催いたします。

理由

  1. 18歳の多くが進学や就職活動といった進路選択の重要な時期であり、精神的・経済的な負担への配慮が必要であること。
  2. 進学や就職から少し時間をおいて成人式を実施することで、様々な経験を友人と共有することができるということ。

成人年齢引き下げ後の式典の名称

成人年齢が18歳に引き下げられることから、「成人式」という名称の使用については、今後検討してまいります。

 

入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。