昔、志木市役所のあたりは、旧新河岸川の河床(かしょう)にあたり、柳瀬川との合流点が近いため、川幅も広く水深もあり、急流が常に渦(うず)を巻いていたという。いつのことかは分からないが、その渦に女の人が巻き込まれて溺|死(できし)したということから、いつしかこの地を女巻目と呼ぶようになった。
(中宗岡1丁目付近の伝説)                                                                                        

 女巻目     女巻目周辺