今回の調査では、野菜・果樹、米(玄米)・麦、水産物及び市場流通品について検体を探取し分析を行った結果、全ての検体において基準値を下回りました。

 

 

調査の概要

  • 対象    ニンジン 
  • 採取日   平成26年11月11日(火曜日)
  • 結果判明日 平成26年11月13日(木曜日)
調査結果

放射性物質名 調査結果 基準値(一般食品)
放射性セシウム134 <4.2ベクレル/キログラム 100ベクレル/キログラム
放射性セシウム137 <5.0ベクレル/キログラム

(注)「<○.○」とは、検査機器で測定できる検出限界値(3.5から6.3ベクレル/キログラム)未満であることを示す

 

 

調査の概要

  • 対象    米(玄米)
  • 採取日   平成26年8月20日(水曜日)
  • 結果判明日 平成26年8月28日(木曜日)
調査結果

放射性物質名 調査結果 基準値(一般食品)
放射性セシウム134 <3.6ベクレル/キログラム 100ベクレル/キログラム
放射性セシウム137 <4.4ベクレル/キログラム

(注)「<○.○」とは、検査機器で測定できる検出限界値(2.8から4.5ベクレル/キログラム)未満であることを示す

 

調査の概要

  • 対象    アユ(天然)/荒川
  • 採取日   平成26年4月25日(金曜日)
  • 結果判明日 平成26年5月14日(水曜日)
調査結果

放射性物質名 調査結果 基準値(一般食品)
放射性セシウム134 <4.14ベクレル/キログラム 100ベクレル/キログラム
放射性セシウム137 <4.29ベクレル/キログラム

(注)「<○.○」とは、検査機器で測定できる検出限界値(2.77から5.1ベクレル/キログラム)未満であることを示す

 

問合せ

埼玉県農林部農産物安全課 有機・安全生産担当
電話番号/048(830)4049

 

詳しい影響調査の結果については、埼玉県ホームページをご参照ください。

放射性物質の埼玉県産農産物への影響調査について