市民1人あたりの市債(一般会計)の残高 平成19年度末 約20万円 → 平成20年度末 約19万円

※参考:平成19年度末の埼玉県内市平均 約26万円

 

市債(借金)基金の状況

 

市債と基金の状況

 

基金の状況

基金の種類

H20年度末
基金残高

H19年度末
基金残高

増 減

財政調整基金

17億3,814万円 20億4,309万円 ▲3億0,495万円

特定目的基金

8億1,592万円 6億7,733万円 1億3,859万円

その他

100万円 100万円 0万円

合   計

25億5,506万円 27億2,142万円 ▲1億6,637万円

 
市債の状況

借金の目的

H19年度末
借金残高

平成20年度

H20年度末
借金残高

新規借金

元金返済額

利子額

(元利合計)

学校・教育施設

13億7,607万円 3億2,070万円 1億4,672万円 2,020万円 1億6,692万円 15億5,005万円

道  路

10億6,979万円 2,150万円 1億2,134万円 2,354万円 1億4,488万円 9億6,995万円

その他建設事業

41億4,031万円 4,890万円 7億0,598万円 7,738万円 7億8,336万円 34億8,323万円

臨時財政対策債など

76億4,196万円 5億8,794万円 4億8,714万円 1億0,469万円 5億9,183万円 77億4,276万円

合   計

142億2,813万円 9億7,904万円 14億6,118万円 2億2,581万円 16億8,699万円 137億4,599万円

 

用語解説

 

市債(借金)

市の借金のことです。県知事に協議し、同意を受けた場合のみ借金をすることができます。

なお、原則として、建設事業についてのみ借金ができます(人件費などの経常経費は借金できません)。

しかし、近年は地方交付税の代替措置ともいえる「臨時財政対策債」など、経常経費にも充てられる、いわゆる「赤字地方債」の発行が認められています。

市でも、平成20年度の約9億7千万円の借金のうち、約5億9千万円が臨時財政対策債です。

 

基金(貯金)

自治体の貯金のことです。志木市には、主に次の基金があります。

財政調整基金

災害や経済情勢の変動などに備えた基金で、ある程度、自由に使うことができます。

標準的な財政規模の5%以下になると、財政的に余裕がない状態といえます。

※平成20年度 志木市の標準財政規模 約122億円 (5%は約6億円、志木市の財政調整基金残高は約17億円)

特定目的基金

施設の建て替えなどに備えた基金です。使い道は、特定の目的に限られています。

志木市には「公共施設安心安全化基金(平成22年4月1日に公共建築物耐震化基金から名称変更)」「市営住宅管理基金」などがあります。