志木市に引っ越してきたときの手続き

身分関係を公証する戸籍に対し、住所・家族関係を公証するのが住民基本台帳です。

個人ごとに記録されているのが住民票、志木市全体の住民を記録してあるのが住民基本台帳です。

住所や世帯に異動が生じたら届けてください。

届出期間

他の市町村から志木市に引っ越してきた日から14日以内

届出に必要なもの

  1. 転出証明書(前住所地の市町村長が発行したもの)
  2. 窓口に来た人の本人確認できるもの
  3. 印鑑(子ども手当、子ども医療費申請される方)※ゴム印不可
  4. 国民健康保険証(国民健康保険に加入している世帯に転入し、加入する場合)
  5. 年金手帳(前住所地で加入していた人)
  6. 代理人による届出の場合、委任状(代理人選任届)が必要となります。
  7. 通知カードまたはマイナンバーカード(お持ちの方) 
  8. 住基カード(お持ちの方)
外国籍の方の場合
  • 在留カード、特別永住者証明書(外国人登録証明書によるみなし在留カード、みなし特別永住者証明書を含む) 
国外から志木市に転入されたとき
  • パスポート(転入される人全員のもの。帰国日の確認をさせていただきます。)

※自動化ゲートを利用して日本へ入国した場合は、旅券に入国日のスタンプがありませんので、帰国日が分かるもの(帰国時の飛行機の搭乗券の半券、eチケットのコピーなど)をご持参ください。

※半券等を処分してしまった場合は、帰国する直前に滞在していた国の出国スタンプの日付を確認し、ご本人に帰国日を申し出ていただきます。

  • 戸籍謄本(全部事項証明書)および戸籍の附票(本籍が志木市の人は不要です。)
  • 通知カードまたは個人番号カード(お持ちの方のみ)
  • 年金手帳(に加入している人のみ)
国外から志木に転入される外国籍の方の場合(志木市役所本庁のみ受付)
  • 在留カード
  • パスポート 

その他

総合窓口課・各出張所とも月曜日から金曜日まで

午前8時30分から午後5時15分まで(金曜日のみ午後7時まで)

※手続ができるのは、世帯主、世帯員、後見人(登記事項証明書が必要)です。
それ以外の方が届出をされる時は、ご家族でも委任状が必要になります。