志木市消費生活センターからのお知らせ

オンラインゲームで子どもが保護者に無断で課金等を行い、高額請求となったという相談が増加しています。

相談内容

小学生の息子にねだられ、息子のスマートフォンに私のクレジットカードを登録してオンラインゲームのアイテムを購入した。その後、息子が勝手に100万円を超える課金をしてしまった。息子のスマートフォンに私のクレジットカードの情報が記録されたままになっており、パスワードは都度入力する必要がない設定になっていた。

消費者へのアドバイス
  •  子どものスマートフォンやゲーム機器の利用を管理するため、ペアレンタルコントロール機能を活用しましょう。
    ※ペアレンタルコントロールとは、子どもの利用を制限したいゲームやウェブサイト、有料アプリ等について保護者が制限を加える設定をすることです。
  • 決済時にパスワード(暗証番号)を入力する設定になっているかを確認したり、キャリア決済の上限額を設けましょう。
  • 請求の見落としを防ぐため、課金を行った際には、保護者のメールアドレスに決済完了メールが届く設定にしましょう。また、クレジットカードの利用明細はこまめに確認しましょう。
入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。