外来植物とは

元々その地域に生息していなかった植物が、人間の活動によって他の地域から持ち込まれた植物をいいます。

その中でも、在来の植物の生態系等に大きな影響を与えるものを「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(外来生物法)」により特定外来生物(植物)に指定されています。市内で見られるものとしては、「オオケンケイギク」があります。

家庭の庭でこれらの植物が生育している場合は、その駆除についてご理解とご協力をお願いします。

オオケンケイギク

北アメリカ原産の多年草で、高さ30から70センチメートル、5月頃から7月頃に道端や河川敷、空き地などで直径5から7センチメートルほどの黄色の花を咲かせます。

とても繁殖力が強い植物で、在来の植物の生態系等に大きな影響を与えます。
また、特定外来生物に指定されていることから、植栽や栽培をすることは禁止されています。

 オオケンケイギク

駆除の方法

自宅の庭で生育していいる場合は、種ができる前に抜き取り、ビニール袋等に密封して可燃ごみに出してください。

また、作業の際は怪我等を防止するため、長袖の服や作業用の手袋等を着用するなど、できるだけ肌を露出しないようにしましょう。

入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。