改元に伴う文書の取り扱い

市が発出する納税通知書など、電子システムで処理している文書で、5月1日以後の日を「平成」と表記している場合があります。

これらの表記は、事務都合上やむを得ないものであり、また効果が変わることがないので、有効なものとして「令和」と読み替えて取り扱うこととします。

市民の皆様には、ご理解、ご協力をお願いします。