ノロウイルスによる食中毒は、特に冬季を中心に流行し、集団発生も増加します。
ノロウイルスは口から体内に入ることで感染し、感染すると1~2日の潜伏期間の後、下痢、嘔吐、腹痛等の症状が現れます。

予防するために次の点に注意しましょう。

  1. 調理や食事の前、トイレの後には、手洗いを十分に行いましょう。
  2. 調理器具は十分に洗浄、消毒しましょう。
  3. 食品は中心部まで十分な加熱処理をしましょう。
  4. 便や嘔吐物からの感染を予防するために、汚染した場所はマスクや手袋をしてから消毒しましょう。

参考

ノロウィルス感染症・食中毒にご注意を!(埼玉県食品安全課)

ノロウイルスに関するQ&A(厚生労働省)

 

 
 
 

ライフイベント