フレイルとは

加齢とともに筋力や心身機能が低下した状態で、「健康」と「要介護状態」の中間の段階をいいます。介護を必要とする高齢者の多くが、このフレイルの段階を経ています。そのまま放置すると、健康や生活機能を損なう恐れがあります。いつまでもいきいきとした毎日を過ごすために、フレイル対策に取り組んで健康寿命をのばしましょう。

フレイルの状態が始まっているかもしれません

次の5つの項目でチェックしてみましょう。

  • 身体の活動が減った(散歩や運動、外出の量が減ったなど)

  • 6か月間で2から3kg以上の体重減少があった

  • 歩く速さが遅くなった(横断歩道が渡り切れないなど)

  • わけもなく疲れた感じがする

  • 握力(筋力)が低下した(ペットボトルのふたが開けにくいなど)

1から2項目あてはまる人はフレイルの前段階(プレフレイル)。

3項目以上あてはまる人はフレイルの疑いありです。 

フレイルを予防するための4つのポイント

栄養

高齢になると、食べる量が減ってしまいがちですが、筋肉のもととなるたんぱく質の多い魚や肉、卵や大豆製品などを積極的にとるようにして、バランスの良い食事を心がけましょう。

口腔機能

口や歯の状態の悪化は、食事をとりにくくなるだけではなく、誤嚥性肺炎や内臓疾患などにもつながります。また、会話や表情が乏しくなることで、人と会う機会が減り、活動量の低下にもつながります。毎日の歯の手入れや口をよく動かし、また定期的な歯科受診でお口の健康を保つようにしましょう。

運動

筋肉が衰えると、身体を動かすのが面倒になったり、転びやすくなって大きなけがにつながってしまったりします。ウォーキングなどの運動習慣や簡単な筋力トレーニングなどで、健康な身体を維持しましょう。

社会参加

“人とのつながりの低下”はフレイルを招きやすいといわれています。年齢を重ねると、外出が面倒になってしまいますが、趣味やボランティア、地域活動などのやりがいをもつことは、心と身体の健康を保つためにとても重要です。

栄養改善・お口のケア訪問支援事業のご案内(介護予防普及啓発事業)

内容

管理栄養士や歯科衛生士がご自宅を訪問し、お一人お一人に合った栄養や口腔ケアのアドバイスを行います。原則1回の訪問となります。

フレイル予防としての利用も可能です。ぜひ、ご利用ください。

対象

65歳以上の市民で、食事や栄養、歯や口腔ケアについて心配がある方

費用・お申込み

無料です。お住まいの担当地域の高齢者あんしん相談センターにお申し込みください。

高齢者あんしん相談センター 
お住いの地区 高齢者あんしん相談センター 電話番号
本町地区 ブロン 486-0003
柏町地区 柏の杜 486-5199
館・幸町地区 館・幸町 485-5610
宗岡地区(宗岡中学校区) せせらぎ 485-2113
宗岡地区(宗岡第二中学校区) あきがせ 485-5020

 

 

 
 
 

ライフイベント