C型肝炎特別措置法の給付金の請求期限が2023年1月16日に延長されました

1994年ごろまでに出産や手術による大量出血などの際に、血液からつくられた医薬品(フィブリノゲン製剤・血液凝固第9因子製剤)が使用されたことによって、C型肝炎ウイルスに感染された方へのお知らせです。

このような場合、法律に基づき、国を相手とする裁判を提起し、裁判のなかで、

(1)フィブリノゲン製剤・血液凝固第9因子製剤が使用されたこと
(2)その医薬品が使用されたことによってC型肝炎ウイルスに感染したこと
(3)慢性肝炎を確認できれば、

国と和解をしたうえで、給付金を受けることができます。なお、この給付金を受けるためには、2023年1月16日までに国を相手とする裁判をしなくてはなりません。

出産や手術での大量出血などの際に、フィブリノゲン製剤・血液凝固第9因子製剤を使用された方、身に覚えのある方、もしやと思う方は、まずは肝炎ウイルス検査を受けましょう。保健所または自治体が委託する医療機関であれば、概ね無料で検査を受けることができます。

詳しくは、「厚生労働省 大量出血した方へ」をご覧ください。

問い合わせ先

厚生労働省フィブリノゲン製剤等に関する相談窓口 フリーダイヤル 0120-509-002
受付時間 9時30分から18時00分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)

裁判終了後の給付金の請求手続きの問い合わせ先

独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA) フリーダイヤル 0120-780-400
受付時間 9時00分から17時00分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)
※フリーダイヤルは、携帯電話、公衆電話からもご利用いただけます。

肝炎ウイルス検査のご案内

厚生労働省ホームページ