厚生労働省は平成29年7月10日、健康寿命の延伸、医療費の適正化に向けた市町村、後期高齢者医療広域連合における効率的・効果的な取組を推進するため、重症化予防(国保・後期広域)ワーキンググループとりまとめ「糖尿病性腎症重症化予防の更なる展開に向けて」を公表しました。

その中で志木市で実施している「いろは健康ポイント事業」・「健康になりまっする教室」の取組が、「ICTの活用による参加者のモチベーションを高めるヘルスケアポイントと健康教室を活用した事例」として取り上げられました。

ICTの活用による参加者のモチベーションを高めるヘルスケアポイントと健康教室を活用した事例(志木市) [2536KB pdfファイル] 

 

詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください

 

 

ライフイベント