志木市成年後見制度の取組

全国初!「志木市成年後見制度の利用を促進するための条例」を制定しました

高齢化などの進展により、認知症の方の増加や知的障がいや精神障がいのあるお子さんの親なき後など、成年後見制度のニーズはますます高まると見込まれますが、弁護士や司法書士などの専門職の不足も懸念されるところです。

そこで市では、これらの専門職以外に、市民の中から後見人を育て、地域で見守り支えていく体制を整備し、市民の権利と利益の擁護を図るため、全国初の取組として「志木市成年後見制度の利用を促進するための条例」を制定し成年後見制度のより一層の利用促進を図ります。

志木市のこれまでの取組

平成24年12月に成年後見支援センターを設置し、成年後見制度の普及に取り組んできました。
特に弁護士などの専門職以外の市民後見人の育成に努め、市民後見人の単独受任としては県内最多の通算6人となっています。
さらに、平成29年5月に埼玉県では初となる、家庭裁判所からの直接受任による市民後見人が誕生しました。

成年後見制度の利用促進を着実に進めます!

条例では市の責務として、成年後見制度の利用について、市が率先して施策を策定していくことを明記し、家庭裁判所や成年後見支援センターをはじめとした関係機関と連携して、成年後見制度の利用の促進を着実に進めていきます。

計画の策定(第6条)

法において努力義務とされた、成年後見制度の利用の促進についての基本的な計画案を審議会で協議検討し、策定します。

審議会の設置(第9条)

法において努力義務とされた、成年後見制度の利用に関し、基本的な事項を審議調査するための識見を有する者からなる審議会を平成29年度に設置します。

地域連携ネットワークの構築及び成年後見等実施機関の設立に関する支援等(第7条・第8条)

支援が必要な人の早期発見、相談のほか、後見活動の支援が適切に行われるよう、関係機関が連携した地域連携ネットワークの構築や、その中核的な役割を担う機関を設置します。

第1回成年後見制度利用促進審議会を実施しました

「志木市成年後見制度の利用を促進するための条例」第9条に基づき、第1回審議会を開催しました。

 詳しくは、成年後見制度利用促進審議会を御覧ください。

後見ネットワークセンターをご利用ください

後見ネットワークセンターは、市民後見人の育成、活動支援のほか、成年後見制度に関連した情報の提供や相談、手続き支援を行い、市民の皆さんの安心・安全な暮らしを支えます。

ところ

志木市役所1階(2020年1月から2022年4月の間は新庁舎建設のため、マルイファミリー志木8階に移転します)

受付時間

月曜日から金曜日:午前9時から午後5時
火曜日・金曜日、第1・3月曜日の午後1時から午後5時は、弁護士または司法書士が相談を承ります。(無料)

連絡先

電話番号:048-456-6021(直通)
FAX番号:048-471-7092

 
 
 

ライフイベント