商店街で初開催となる徘徊模擬訓練を実施しました。より実践的な場面での気づき、声掛けを行うことで認知症に対する理解をさらに進めます。
今回は、宗岡銀座商店街の皆様にも参加いただき、実践的な訓練を行うことができました。今後も志木市では、地域に密接した徘徊模擬訓練を実施してまいります。

【目的】
認知症徘徊者の声かけ方法などの実践訓練を行うことを通じて、地域ぐるみでの徘徊者の安全の確保と事故防止に役立てます。

【実施日】
平成27年5
月15日(金)午後1時00分~15時00分

【実施場所】
宗岡銀座商店街、ふれあいサロンあざみ、ターミナルケアハウスみんなの家志木

【主催】
志木市、高齢者あんしん相談センター「せせらぎ」

【協賛】
ニューハイツ町内会、上木町町内会、宗岡銀座商店街(商店街の皆様)、ふれあいサロンあざみ
 

総勢約150名が参加しました!

町内会、周辺住民、志木市ホッとあんしん見守りシステム協定事業所、認知症サポーターフォローアップ講座希望者、高齢者あんしん相談センター(地域包括支援センター)、警察署、消防署他、総勢約150名が参加して盛大に行われました。この訓練を継続することで、徘徊者の早期の発見・保護につなげ、地域での支え合いの取り組みをより一層進めてまいります。