不育症とは

妊娠はするけれども、流産、死産や早期新生児死亡などを繰り返し、結果的に赤ちゃんを授かれない場合をいいます。
原因は、人それぞれですが、検査や治療を受けることにより、80%以上の人が出産できると報告されています。(厚生労働省研究班報告より)

健康増進センターでも、随時保健師による相談を行っていますので、ご連絡ください。

詳しくは、下記のホームページをご覧ください。

 
 
 

ライフイベント