身体障害者手帳の交付対象とならない、軽度・中等度の難聴児の補聴器購入費用の一部を助成します。

平成27年4月から、補聴器の種類に「FM型補聴器」を追加しました。

 
補助対象者

 次のすべての要件を満たす方が対象となります。

  1. 18歳未満の児童
  2. 両耳の聴力レベルが70デシベル未満で、身体障害者手帳の交付対象とならない方
  3. 補聴器の装用により、言語の習得等一定の効果が期待できると医師が判断する方

 ただし、次の場合は対象となりません。

 ・保護者の中に市民税の所得割額が46万円以上の方がいる場合

 ・対象の児童が労働者災害補償保険法、その他の法令の規定に基づき、補聴器購入費用の助成を受けている場合

 

助成額

 補聴器の購入費用の3分の2の額を助成します。

 ただし、基準価格表の基準額に100分の104.8を乗じた額の3分の2が上限額となります。

 

申 請

 申請には、医師の意見書が必要です。医師は、身体障害者福祉法第15条の指定医に限ります。

 申請書に意見書、見積書を添えて申請ください。 

 給付が決定した後、給付券をお送りします。

 

支 払

 給付券と自己負担額を補聴器業者にお支払いください。 

 

 

◆基準価格表

補聴器の種類

1台あたりの

基準価格(円)

 

基準価格に含まれるもの

 

耐用年数
軽度・中等度難聴用ポケット型

43,200円

(1)補聴器本体(電池を含む。)

(2)イヤーモールド

 

(注)イヤーモールドを必要としない場合は、

基準価格から9,000円を除く。

 

原則として

5年

 

軽度・中等度難聴用耳掛け型 52,900円
高度難聴用ポケット型 43,200円
高度難聴用耳掛け型 52,900円
重度難聴用ポケット型 64,800円
重度難聴用耳掛け型 76,300円
耳あな型(レディメイド) 96,000円
耳あな型(オーダーメイド) 137,000円 補聴器本体(電池を含む。)
骨導式ポケット型 70,100円

(1)補聴器本体(電池を含む。)

(2)骨導レシーバー

(3)ヘッドバンド

 

 

 

 

骨導式眼鏡型

 

 


FM型補聴器

 ・FM受信機

 ・ワイヤレスマイク

 ・オーディオシュー 

 

 

 

 

127,200円 

 

 


 

80,000円

98,000円

5,000円

(1)補聴器本体(電池を含む。)

(2)平面レンズ

(注)平面レンズを必要としない場合は、

基準価格から1枚につき3,600円を除く。

 


ワイヤレスマイクは、充電池を含んだ額。

ワイヤレスマイクは、1台のみ。

 

 
 
 

ライフイベント