保険料の決め方

65歳以上の人(第1号被保険者)の保険料は、確定申告や住民税の申告に基づいて算定されます。

前年度の本人の所得や世帯の市民税課税状況などにより、保険料の金額が以下のように決定します。

 

 平成30年度から32年度までの保険料

段階 対象者 算定方法

年額保険料

第1段階 ・生活保護受給者
・世帯全員が市民税非課税で老齢福祉年金受給者
・世帯全員が市民税非課税で前年の合計所得金額+課税年金収入の合計額が80万円以下の人 
基準額×0.45 25,500円
第2段階 本人が市民税非課税 世帯 前年の合計所得金額+課税年金収入の合計額が80万円を超え120万円以下の人 基準額×0.75 42,600円
第3段階 非課税 第2段階に該当しない人 基準額×0.75 42,600円
第4段階 世帯 前年の合計所得金額+課税年金収入の合計額が80万円以下の人 基準額×0.90 51,100円
第5段階 課税 第4段階に該当しない人 基準額 56,700円
第6段階 本人が市民税課税 前年の合計所得金額が120万円未満の人  基準額×1.20 68,100円
第7段階 前年の合計所得金額が120万円以上200万円未満の人  基準額×1.30 73,800円
第8段階 前年の合計所得金額が200万円以上300万円未満の人 基準額×1.50 85,100円
第9段階 前年の合計所得金額が300万円以上の人 基準額×1.70 96,500円

  • 志木市の保険料基準額(第5段階の人):4,729円/月
  • ここでの合計所得金額は、長期・短期譲渡所得がある場合、特別控除後の額となります。

  

 

 保険料の納入方法

65歳から、個人別に介護保険料の納入が始まります。

介護保険料の納入方法には、「特別徴収」と「普通徴収」の2種類があり、受給している年金額によって異なります。

※40歳から64歳までの人は、介護保険料(40歳から64歳までの人)のページをご覧ください。

 

1.特別徴収(年金天引き)

年6回の年金定期支払いの際、年金から保険料があらかじめ天引きされます。 

特別徴収の対象者

年金の年額が18万円以上の人が対象です。

ただし、以下に該当する方は、特別徴収に切り替わるまでの間、一時的に納付書で納めていただくことがあります。

  • 年度途中で65歳になった場合
  • 他の市町村から転入した場合
  • 年度途中で年金の受給が始まった場合
  • 収入申告のやり直しなどで、保険料の所得段階が変更になった場合
  • 年金が一時差し止めになった場合

 

仮徴収について 

前年度から継続して特別徴収となる場合には、仮徴収が発生します。

仮徴収とは、前年度の所得が確定し、保険料が決定するまで、仮に算定された保険料で徴収を行うことを言います。

期間は4・6・8月で、その3回は前年度2月の徴収額と同額を徴収します。 

今年度の保険料が決定した後は、仮徴収した保険料を除く残りの保険料を10・12・2月に振り分けて徴収(本徴収)します。

(注)仮徴収額と本徴収額に大きな差が生じる人は、天引きされる額が年間を通じてできるだけ均等となるように、仮徴収期間の額を変更する場合があります。

 

特別徴収

  

2.普通徴収

市から送付される納付書や銀行からの引き落とし(口座振替)で、保険料を納めます。

保険料は、毎年7月に決定し、年額を7月から翌年3月までの9期に分けて納めます。

 

普通徴収

 

納期限

納期は各月の末日(末日が休日の場合は翌営業日)となります。
納め忘れが無いよう、ご注意ください。

なお、平成30年度の納期限は、以下のとおりです。

期別 1期 2期 3期 4期 5期 6期 7期 8期 9期
納期月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
納期限 7月31日 8月31日 10月1日 10月31日 11月30日

平成31年

1月4日

1月31日 2月28日 4月1日

 

 

  

 
 
 

ライフイベント