対 象 者

 心身の発達期(おおむね18歳まで)にあらわれた障がいで、生活上の適応障がいを伴っている知的な障がいを示す状態にある人が対象です。児童相談所又は障がい者更生相談所において判定されます。

障がい等級

 障がいの程度により(最重度)A(重度)B(中度)C(軽度)までに認定され、等級により支援の内容が異なります。

申   請

 申請には申請書、印鑑、本人の生育歴が分かるもの(母子健康手帳や成績表など)が必要です。

申請窓口
   福祉課/障がい者福祉グループ(市役所1階)

こんな場合は・・・

  1. 市内で住所が変わった場合・・・
      住所変更が必要ですので、手帳と印鑑をご持参ください。
  2. 県内に転出する場合・・・
      必ず新しい住所地で手帳の転入手続きをしてください。また、手当や医療費の助成を受けている場合は、志木市へ手続きが必要です。
  3. 県外に転出する場合・・・
     転出の手続きが必要ですので、手帳と印鑑をご持参ください。新しい住所地で手帳の転入手続きが必要となります。また、手当や医療費の助成を受けている場合は、志木市へ手続きが必要です。
  4. 県外からの転入の場合・・・
     転入手続きのため、手帳と印鑑をご持参ください。手当や医療費の助成が該当する方は、健康保険証や振込先がわかるものが必要です。
  5. 氏名が変わった場合・・・
     手帳と印鑑をご持参ください。また、手当等の振込先の口座名が変わる場合も手続きが必要です。
  6. 死亡の場合・・・
     手帳の返還手続きが必要ですので、手帳と印鑑をご持参ください。また、手当や医療費の助成を受けている場合は、変更後の振込先がわかるものをご持参ください。 

 

 
 
 

ライフイベント