対象者

視覚聴覚平衡機能音声機能言語機能そしゃく機能肢体不自由(上肢・下肢・体幹・脳原性運動機能障がい)、心臓機能じん臓機能呼吸器機能ぼうこう又は直腸機能小腸機能免疫機能肝臓機能に永続する障がいがある人が対象です。

障がい等級

障がいの程度により1級(重度)から6級(軽度)までに認定され、等級や障がいの部位により支援の内容が異なります。

申請

  • 申請書
    …様式は市役所共生社会推進課にあります。
  • 診断書
    埼玉県の指定様式があります。
    身体障害者福祉法第15条の指定医師に記載していただく必要があります。
  • 印鑑
  • 個人番号及び本人等の確認をするための書類

診断書料の補助

手帳交付のための診断書料の一部(上限:3,000円)を補助します。
令和2年10月より非課税の方が対象となります。

必要書類

申請窓口

共生社会推進課/障がい者福祉グループ(市役所第1庁舎)

※コロナウイルス感染症予防のため、郵送での申請も受け付けております。
詳しくは担当課までお問い合わせください。

こんな場合は・・・

  1. 市内で住所が変わった場合・・・
    住所変更が必要ですので、手帳と印鑑をご持参ください。
  2. 県内に転出する場合・・・
    必ず新しい住所地で手帳の転入手続きをしてください。また、手当や医療費の助成を受けている場合は、志木市へ手続きが必要です。
  3. 県外に転出する場合・・・
    転出の手続きが必要ですので、手帳と印鑑をご持参ください。新しい住所地で手帳の転入手続きが必要となります。また、手当や医療費の助成を受けている場合は、志木市へ手続きが必要です。
  4. 県外からの転入の場合・・・
    転入手続きのため、手帳と印鑑をご持参ください。また、手当や医療費の助成に該当する方は、健康保険証や振込先がわかるものが必要です。
  5. 氏名が変わった場合・・・
    手帳と印鑑をご持参ください。また、手当等の振込先の口座名が変わる場合も手続きが必要です。
  6. 死亡、障がい程度が手帳に該当しなくなった場合・・・
    手帳の返還手続きが必要ですので、手帳と印鑑をご持参ください。また、手当や医療費の助成を受けている場合は、変更後の振込先がわかるものをご持参ください。

 

入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。
 
 
 

ライフイベント