第3期志木市地域福祉計画を策定しました     

市では、平成22年に『第2期志木市地域福祉計画』を策定し、市、社会福祉協議会をはじめとする民間事業者、そして地域住民の「参加と協働」により、福祉のまちづくりを推進してきました。  

今回、平成26年度末に計画年度が終了することを受け、支援の必要な一人暮らし高齢者世帯の増加、高齢者などの孤立死、ひきこもり、子育て家庭の孤立、児童虐待の増加、自殺者の増加、貧困の拡大など多様化する近年の様々な課題に対応し、より一層の福祉のまちづくりを推進するべく、市、市民、関係団体がお互いの取り組みや連携の可能性を具体的に知り、足りないところを補い合い、市民力を活用し、助け合い、また、市が支援を行いながら自主的な取り組みをさらに発展させるために、この『第3期志木市地域福祉計画』を策定いたしました。 

計画の基本理念

市民の誰もが安心して、自分らしく、いきいきと、自立した生活ができる地域社会の実現

まちづくりのイメージ

お互いさまの心豊かなふれあいのあるまちづくり