高齢者の方が住み慣れた地域で安心して生活を送れるように、市が運営主体となって、介護、医療、福祉、健康など総合的に支援するために設けられ、保健師(看護師)、社会福祉士、主任ケアマネジャー等の職員が中心となり地域の高齢者の方を支援します。保健、医療、介護、福祉等の総合的な相談窓口として、高齢者やその家族、地域住民の方などから様々な相談を受けたり、訪問を行います。

高齢者あんしん相談センター(地域包括支援センター)の場所・問合せ先など、くわしくはこちら

介護予防ケアマネジメント

 要支援の認定を受けた方と虚弱な高齢者の方に、適切なサービス利用に向けてのケアプランを作成します。

包括的・継続的なケアマネジメント

 地域のケアマネジャーなどへの指導・助言や、関係機関と連携し、様々な方面から高齢者の方を支援します。

高齢者虐待防止のための相談や権利擁護

 虐待防止や早期発見、消費者被害の防止などに対応し、高齢者の権利擁護に必要な支援を行います。

 

 
 
 

ライフイベント