平成24年4月の障害者自立支援法・児童福祉法の一部改正により、障がい福祉サービス・障がい児通所支援を利用するすべての利用者の方にサービス等利用計画(又は障がい児支援利用計画)を作成することになりました。サービス等利用計画を作成することで、

 (1)相談支援事業者から、適切なサービスの組み合わせの提案を受けること

 (2)計画を基に関係者が情報を共有し、連携した支援を行うこと

 (3)本人のニーズや置かれている状況等を勘案し、一体的・総合的にサービスの提供を受けることが可能となります。
 

 平成27年4月以降、原則としてすべてのサービス利用者に、サービス等利用計画の作成が必要となります。なお、計画作成の際に、利用者が負担する費用はありません。

サービス等利用計画ご案内.pdf [229KB pdfファイル]  

 

 サービス等利用計画作成の流れ

 サービス等利用計画・障がい児支援利用計画は、指定特定相談支援事業者等が作成しますが、本人や家族、支援者等が作成することもできます(セルフプラン)。ただし、セルフプランの場合は、次の更新以降、順次、指定特定相談支援事業者等でサービス等利用計画を作成していただきます。

 詳しくは、下記の添付ファイルをご参照ください。

◆ サービス等利用計画作成の流れ.pdf [122KB pdfファイル] 

 

計画を作成する人について

 サービス等利用計画・障がい児支援利用計画は、市が指定する「指定特定相談支援事業者」・「指定障がい児相談支援事業者」が作成します。

 ◆サービス等利用計画・障がい児支援利用計画案(様式).xls [56KB xlsファイル] 

 ◆アセスメント票(様式).xls [63KB xlsファイル] 

 ◆サービス等利用計画・障がい児支援利用計画(様式).xls [56KB xlsファイル] 

 ◆モニタリング(様式).xls [54KB xlsファイル] 

   また、事業者に代わり、本人や家族、支援者等が計画(セルフプラン)を作成することも可能です。ただし、その場合は、市から作成者へ報酬は支払われません。

 ◆セルフプラン様式(計画案)[ pdfファイル] [xlsファイル] 

 ◆セルフプラン様式(週間計画表) [pdfファイル] [ xlsファイル] 

 
 
 

ライフイベント