鎌倉幕府を開いた源頼朝(みなもとのよりとも)は建久4年(1193)に家来を集めて富士の裾野(すその)で大がかりな巻狩(まきが)りを行ったが、その際に宗岡の人達も勢子(せこ。鳥や獣(けもの)を追い出す役)としてかりだされたのである。そのために翌年の年貢(ねんぐ)を免除されたので、喜んだ村人達はこれを記念して字(あざ)大野(荒川堤外)に塚を築き富士浅間を祀(まつ)った。それが羽根倉浅間神社の起源となったのである。(上宗岡4丁目付近の伝説)

羽根倉浅間神社    羽根倉浅間神社の縁起

  

   

 
 
 

ライフイベント