教育委員会のあらまし

教育委員会制度

教育委員会とは、「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」に基づき設置された合議制の執行機関です。

志木市教育委員会は教育長と4人の委員により組織され、教育行政における重要事項や基本方針を教育委員会での会議を通じて委員の合議により決めています。

教育委員会が担当する事務は次のとおりです。

  1. 学校その他の教育機関の設置、管理及び廃止に関すること。
  2. 教育財産の管理に関すること。
  3. 教育委員会及び学校その他の教育機関の職員の任免その他の人事に関すること。
  4. 学齢生徒及び学齢児童の就学並びに生徒、児童の入学、転学及び退学に関すること。
  5. 学校の組織編制、教育課程、学習指導、生徒指導及び職業指導に関すること。
  6. 教科書その他の教材の取り扱いに関すること。
  7. 校舎その他の施設及び教具その他の設備の整備に関すること。
  8. 校長、教員その他の教育関係職員の研修に関すること。
  9. 校長、教員その他の教育関係職員並びに生徒、児童の保健、安全、厚生及び福利に関すること。
  10. 学校その他の教育機関の環境衛生に関すること。
  11. 学校給食に関すること。
  12. 青少年教育、女性教育及び公民館の事業その他社会教育に関すること。
  13. スポーツに関すること。
  14. 文化財の保護に関すること。
  15. ユネスコ活動に関すること。
  16. 教育に関する法人に関すること。
  17. 教育に係る調査及び基幹統計その他の統計に関すること。
  18. 所掌事務に係る広報及び所掌事務に係る教育行政に関する相談に関すること。
  19. 前各号に掲げるもののほか、当該地方公共団体の区域内における教育に関する事務に関すること。
     

教育委員会の会議

教育委員会の会議は、教育長が招集し、毎月1回開催しています。また、必要があるときは、臨時会を開催します。

教育長

市長の被選挙権を有する者で、人格が高潔で、教育行政に関し識見を有するもののうちから、市長が議会の同意を得て任命します。
任期は3年で、再任されることができます。

教育委員会の会務を総理し、教育委員会を代表します。

委員・教育長職務代理者

委員は、市長の被選挙権を有する者で、人格が高潔で、教育、学術および文化に関し識見を有するもののうちから、市長が議会の同意を得て任命します。
任期は4年で、再任されることができます。

教育長職務代理者は、委員の中から教育長が指名します。
教育長に事故があるとき、又は教育長が欠けたときに、教育長の職務を行います。

 

教育長及び教育委員

柚木博 神山邦明 八代豊 岩澤千惠子

上野幸子

教育長

委員

(教育長職務代理者)

委員 委員 委員

柚木 博

(ゆき ひろし

神山 邦明

(かみやま くにあき

八代 豊

(やしろ ゆたか)

岩澤 千惠子

(いわさわ ちえこ)

上野 幸子

(うえの さちこ)

 

職名 氏名 任期  
教育長 柚木 博 令和元年7月1日から令和4年6月30日 2期目
教育長職務代理者 神山 邦明 平成29年10月1日から平成33年9月30日 2期目
委員 八代 豊 平成28年10月1日から平成32年9月30日 1期目
委員 岩澤 千惠子 平成29年10月1日から平成33年9月30日 1期目
委員 上野 幸子 平成30年10月1日から平成34年9月30日 1期目(保護者である委員)

 

 
 
 

ライフイベント