特別支援教育プログラム事業の実施

目的

発達障がい(学習障がい・注意欠如/多動性障がい・自閉症スペクトラム障がいなど)のある子ども一人ひとりの教育的ニーズを把握して、持てる力を高めるとともに、生活や学習上の困難を改善・軽減して、学校生活への適応及び社会的自立に向けての教育的支援を行います。

制度の概要

対象となる児童・生徒

通常の学級に在籍する発達障がいがある、または傾向があると思われる子ども

めざす支援
  • 子どもが落ち着いて活動に取り組める時間を増やすようにしていきます。
  • 子どもの「得意なところ」を広げ、「苦手なところ」を軽減していきます。
  • 子どもの「問題となる行動を減らす」のではなく、「適切な行動を増やす」ようにしていきます。
  • 最終的には、日常の中での様々な出来事に対応できる力を目指していきます。
支援の方法と流れ

各学校の特別支援教育コーディネーターと連携し、支援が必要と思われるお子さんについてサポートセンター専門家チームが学校に訪問し、相談や個別支援を行います。

校内支援委員会(学校)
  • 校内で支援が必要と思われる児童生徒について状況・現状を把握し、児童生徒への支援を検討します。
  • 検討した結果、必要な場合には専門家チームへ支援の依頼をします。
専門家チーム(教育サポートセンター)
  • 学校の依頼により、訪問し、対象児童生徒の学校、家庭での様子をうかがったり、学級での様子を観察したりします。
  • 必要に応じて保護者の方と面談したり、個別の評価(直接お子さんと関わり得意なところ苦手なところの把握)をしたりします。
  • その結果を学校に報告します。学校は子どもへの支援方針・学校が作成する「個別の支援計画」などの参考資料として、児童生徒の支援に活用していきます。
  • また必要な場合は、学校からの申請のもと、専門家チーム支援担当が教育サポートセンタースマイルルームまたは学校のリソースルームで定期的に個別の支援を行います。
 
 
 

ライフイベント