平成31年度市内小中学校・保育園 給食食材の放射性物質測定結果

市内小中学校・保育園給食食材の放射性物質測定結果

市では、保護者のみなさんに給食食材の安全性についての理解を深め、安心していただけるように、放射性物質を測定し、結果を公表しています。

  1. 測定の対象:市内小中学校と保育園(民間認可保育園を含む)の給食  
  2. 測定方法:1日あたり小中学校1校または保育園1園を輪番制で、その日に提供する給食1食分(牛乳を含む。)の食材を給食開始前に測定 
  3. 平成31年度放射性物質測定日程表.pdf [124KB pdfファイル] 
  4. 測定機器:NaI(Tl)シンチレーション検出器
  5. 検出下限値:10Bq/Kg 
  6. 基準値:志木市では平成24年4月から国で適用の新基準値を採用

基準値を超える測定結果が検出された場合は、このページにて速やかに公表します。
測定については、継続的に実施してまいります。
 

新基準値

一般食品、野菜類、穀類、
肉、卵、魚、そのほか
100ベクレル/キログラム
飲料水 10ベクレル/キログラム
牛乳 50ベクレル/キログラム
乳児用食品 50ベクレル/キログラム

 

問合せ

小中学校の給食について

学校教育課

保育園の給食について

子ども家庭課

 
 
 

ライフイベント