令和元年度一般会計の収支

概要

令和元年度の一般会計の決算額は、歳入が258億3千万円、歳出が239億7千万円になり、差引額18億6千万円となりました。
ここから翌年度に繰り越すべき財源(1億5千万円)を差し引いた額の17億2千万円(黒字)が実質収支額となっており、前年度に比べると3億3千万円の増加となりました。   

    令和元年度 平成30年度 概要
A 収入総額 258億3,459万円 243億1,731万円  
B 支出総額 239億7,053万円 229億2,746万円  
C 形式収支 A-B 18億6,406万円 13億8,985万円 収入総額と支出総額の単純な差し引きです。
D 翌年度に
繰り越す収入
1億4,651万円 680万円 翌年度の事業に使うために繰り越さなければならない収入です。
E 実質収支 C-D 17億1,755万円 13億8,305万円

「形式収支」から、「翌年度に繰り越す収入」を除いた、当年度の実質的な収支です。

黒字の場合、この額は来年度に繰り越されます。

F 単年度収支  3億3,450万円 ▲4億1,658万円 前年度からの繰越などを除いた、当年度だけの収支です。
G 貯金を崩した額 2億3,511万円 0万円 貯金(基金)から取り崩した額です。
※A[収入」に含まれています。
H 貯金した額 175万円 1億6,037万円 貯金(基金)した額です。
※B「支出」に含まれています。
I 実質単年度収支
F-G+H

1億114万円

▲2億5,621万円

貯金の出し入れなどを除いた、純粋な単年度の収支です。

 

 収支

 

 

 

入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。
 
 
 

ライフイベント