志木市庁舎及び市民会館複合化施設建設基本計画(案)を策定

平成27年3月30日月曜日に、志木市庁舎及び市民会館複合化施設建設基本計画検討委員会から、市長へ『志木市庁舎及び市民会館複合化施設建設基本計画(案)』が提出されました。

志木市庁舎及び市民会館複合化施設建設基本計画(案) [3366KB pdfファイル]  

基本理念と基本方針 

基本計画(案)では、志木市の特性を整理し、『小さなまちの特徴と市民力が活せる、充実した機能が確保された「スマート」で「コンパクト」な市民に親しまれる市庁舎・市民会館複合施設の建設を目指す』が基本理念として掲げられています。また、この基本理念を受けて、市民利用の視点による「市民が利用しやすい市庁舎・市民会館複合施設」、「市民に親しまれ、賑わいが生まれる市庁舎・市民会館複合施設」や防災の拠点としての「市民の暮らしを支える市庁舎・市民会館複合庁舎」など庁舎が担う役割を整理し、基本方針がまとめられています。

今後の検討課題

昨今の建設工事に係る費用の高騰を踏まえ、本市の財政に与える影響の緩和に努めること、さらには、工事期間中を含めた駐車場の確保や市民会館施設の管理運営方針をとりまとめるなど、今後整理が必要となる課題についても基本計画(案)の中に盛り込まれています。

基本計画(案)を受けて

市では、この基本計画(案)を十分に尊重していくよう、上記の課題整理に努めながら、今後、市としての最終的な基本計画を策定してまいります。

志木市庁舎及び市民会館複合化施設建設基本計画の策定に向けたこれまでの経緯
志木市庁舎及び市民会館複合化施設建設基本計画検討委員会の結果について

詳しくは、志木市庁舎及び市民会館複合化施設建設基本計画検討委員会の結果についてを参照してください。

志木市庁舎建設基本計画検討委員会の結果について

詳しくは、志木市庁舎建設基本計画検討委員会の結果についてを参照してください。 

庁舎耐震化に向けたこれまでの経緯

詳しくは、「庁舎耐震化整備事業」を参照してください。