改葬とは

現在遺骨が納められている墓地・納骨堂から、他の墓地・納骨堂に遺骨を移すことを「改葬」といいます。

改葬は、「墓地、埋葬等に関する法律(墓埋法)」の規定に従った手続きが必要となり、現在、遺骨が納められている墓地や納骨堂がある市区町村での手続きが必要です。

手続きの流れ

現在、埋蔵・収蔵されている墓地などから新たな墓地などへご遺骨を改葬する場合を例に説明します。

  1. 新たに埋蔵・収蔵する墓地の決定
    新しく墓地を購入するなど改葬先を決めます。
  2. 受入証明書(墓地使用許可証等)の入手
    改葬先の墓地管理者から受入証明書を取り寄せ、改葬先の墓地管理者に証明してもらいます。
    墓地使用許可証等がある場合は、受入証明書は原則不要です。
    志木市で独自に作成した申請書の様式は志木市役所環境推進課の窓口でお渡ししています。
    また、下記よりダウンロード(印刷)したものを利用することができます。
  3. 改葬許可申請書の入手
    現在、遺骨が納められている墓地や納骨堂がある市区町村から改葬許可申請書を取り寄せます。
    ※遺骨1体につき、改葬許可申請書が1通必要となります。
    志木市へ申請する場合の様式は志木市役所環境推進課の窓口でお渡ししています。
    また、下記よりダウンロード(印刷)したものを利用することができます。
  4. 改葬許可申請書を記入
    改葬許可申請書に記入押印後、現在使用している墓地・納骨堂の管理者に埋葬(現在納骨してある事)の証明をしてもらいます。
    ※墓地・納骨堂の管理者が独自の埋蔵証明書を発行する場合もあります。
  5. 改葬許可の申請と改葬許可証の受取
    現在、遺骨が納められている墓地や納骨堂がある市区町村へ改葬許可申請書及び受入証明書または墓地使用許可証等の写しを提出し、改葬許可証を受け取ってください。
  6. 遺骨の取出し
    改葬許可証を現在の墓地などの管理者に提示して、遺骨を取り出します。
    ※改葬許可証の原本は渡さないでください。新しい墓地などの管理者へ提出する必要があります。
  7. 新しい墓地などへの埋蔵・収蔵
    改葬許可証を新しい墓地などの管理者に提出し、遺骨を埋蔵・収蔵します。
    ※新しい墓地の墓地使用許可書等や埋葬届(管理者の定める様式)が必要な場合があります。事前に新しい墓地の管理者にご確認ください。
    志木市市営墓地へ埋蔵・収蔵する場合の様式は志木市役所環境推進課の窓口でお渡ししています。
    また、下記よりダウンロード(印刷)したものを利用することができます。
入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。
 
 
 

ライフイベント