保険料免除制度(学生以外の方)

所得が少なく、国民年金保険料の納付が困難なときは、保険料の一部又は全部の納付が免除になる制度があります。

申請手続き後、日本年金機構での審査があり、承認された期間について保険料が免除されます。

免除となる所得の基準

申請者本人・申請者の配偶者・世帯主それぞれが一定の基準に該当することが必要です。

詳細は下記リンク先をご覧ください。

 国民年金保険料免除制度について(日本年金機構のページ)(外部リンク)

免除となる期間

原則、7月から翌年6月まで

申請手続きは、年度(7月から翌年6月まで)ごとに必要です。

必要書類

年金手帳、又はマイナンバーカード

マイナンバー通知カード、年金手帳の場合は、本人確認できるもの(運転免許証、パスポートなど)が必要です。

印鑑(認印)

申請対象者本人が来庁される場合は不要ですが、配偶者や世帯主が手続きする場合は、印鑑をお持ちください。

必要書類(該当する場合のみ)

失業などを理由とするときは、次のいずれかが必要です。(コピー可。)

  • 雇用保険被保険者離職票
  • 雇用保険受給資格者証
  • 雇用保険被保険者資格喪失確認通知書
  • 雇用保険被保険者資格取得届出確認照会回答書
  • 公務員であった場合、退職辞令

納付猶予制度(学生以外の方)

50歳未満の方で、国民年金保険料の納付が困難なときは、保険料の納付が猶予される制度があります。

申請手続き後、日本年金機構での審査があり、承認された期間について保険料が猶予されます。

猶予となる所得の基準

申請者本人・申請者の配偶者それぞれが一定の基準に該当することが必要です。

詳細は、下記リンク先ご覧ください。

 国民年金保険料納付猶予制度について(日本年金機構のページ)(外部リンク)

猶予となる期間

原則、7月から翌年6月まで

申請手続きは、年度(7月から翌年6月まで)ごとに必要です。

必要書類

年金手帳、又はマイナンバーカード

マイナンバー通知カード、年金手帳の場合は、本人確認できるもの(運転免許証、パスポートなど)が必要です。

印鑑(認印)

申請対象者本人が来庁される場合は不要ですが、配偶者や世帯主が手続きする場合は、印鑑をお持ちください。

必要書類(該当する場合のみ)

失業などを理由とするときは、次のいずれかが必要です。(コピー可。)

  • 雇用保険被保険者離職票
  • 雇用保険受給資格者証
  • 雇用保険被保険者資格喪失確認通知書
  • 雇用保険被保険者資格取得届出確認照会回答書
  • 公務員であった場合、退職辞令

学生納付特例制度

学生であるため、国民年金保険料の納付が困難なときは、保険料の納付が猶予される制度があります。

申請手続き後、日本年金機構での審査があり、承認された期間について保険料が猶予されます。

猶予となる所得の基準

申請者本人が一定の基準に該当することが必要です。

詳しくは、日本年金機構ホームページをご覧ください。

 学生納付特例制度について(日本年金機構のページ)(外部リンク)

猶予となる期間

原則、4月から翌年3月まで

申請手続きは、年度(4月から翌年3月まで)ごとに必要です。

必要書類

年金手帳、又はマイナンバーカード

マイナンバー通知カード、年金手帳の場合は、本人確認できるもの(運転免許証、パスポートなど)が必要です。

印鑑(認印)

申請対象者本人が来庁される場合は不要ですが、配偶者や世帯主が手続きする場合は、印鑑をお持ちください。

学生証、又は在学証明書

学生証で有効期限の記載があり、期限が経過してしまっている場合は、更新後に手続きしてください。

必要書類(該当する場合のみ)

失業などを理由とするときは、次のいずれかが必要です。(コピー可。)

  • 雇用保険被保険者離職票
  • 雇用保険受給資格者証
  • 雇用保険被保険者資格喪失確認通知書
  • 雇用保険被保険者資格取得届出確認照会回答書
  • 公務員であった場合、退職辞令
入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。
 
 
 

ライフイベント