【令和2年2月分】志木市消費生活センターからのお知らせ

インターネット使用中 突然表示される警告に注意!

事例

インターネット使用中に突然大きな警報音とともに、「コンピューターウイルスが検出されました」という内容の警告が表示され、慌てて画面に記載されている相談窓口に電話をした。電話口の担当が遠隔サポートで警報音と警報表示を止めることができると言うため、案内されるままに依頼をしてしまった。対応後の翌月、パソコンサポート代金2か月として、クレジットカード等の引き落としが10万円分記載されていた。慌てて解約の電話をしたが、電話もメールもつながらない。

アドバイス

  • 「警告」が出てもあわてて連絡しない。
  • 一度パソコンの画面を閉じて冷静になる。
  • 契約する前に周囲の人に相談する。
※冷静に !不安にさせる警報音

 

困ったときは、お住まいの自治体の消費生活相談へ

消費生活ホットライン「188(いやや)」にご連絡ください。 

 

 
 
 

ライフイベント

このカテゴリー内の他のページ