限度額適用・標準負担減額認定証の申請について

70歳未満の志木市国民健康保険の被保険者が、入院または外来診療で高額な治療を受ける場合は、申請により限度額適用認定証の交付を受けることができます。

この認定証を医療機関窓口で提示することで、ご自身で支払う医療費が高額療養費の自己負担限度額までとなり、医療機関窓口での負担を軽減することができます。

また、住民税非課税世帯の人は、入院時食事代の標準負担額が減額となります。

なお、現在の認定証の有効期限は、7月31日までとなっています。

引き続き認定証が必要な場合は、7月22日(月曜日)以降に改めて申請してください。(国民健康保険に未納がある世帯には交付できません)

現在の認定証の有効期限

7月31日まで 

引き続き認定証が必要な場合

7月22日(月曜日)以降に改めて申請してください。

※国民健康保険に未納がある世帯には交付できません

 

 
 
 

ライフイベント