署名緩和への対応について

これまでeLTAXにより法人が行う申請等については、代表者の電子署名が必要でしたが、当該法人の代表者から委任を受けた者(当該法人の役員及び職員に限る。)の電子署名及びその電子署名に係る電子証明書を送信することにより、当該代表者の電子署名及び電子証明書の送信を要しないこととなりました。

eLTAXで代表者の電子署名を省略するためには、受任者の電子署名により申告・申請等を行う必要があります。

詳しくは、地方税共同機構のホームページをご覧ください。

 

入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。
 
 
 

ライフイベント