可燃ごみの減量にご協力ください

平成28年4月から10月と平成29年4月から10月までの可燃ごみ量を比較すると、約60t増加しています。
現在、可燃ごみは、人口の増加とともに増加傾向にあります。

 家庭系可燃ごみ量の比較グラフ

さらに、集積所に出されるごみを処理するため、平成28年度は約6億2千万円かかっています。

そこで、可燃ごみ減量のため、各家庭でできるごみ減量策をご案内します。
できることから実践し、可燃ごみ減量へのご協力をお願いします。 

家庭でできるごみ減量策

  • 食品は、使いきれる量だけを購入
  • 生ごみは、ギュッとひと絞りして水分を減らす
  • 剪定した枝葉は、すぐに捨てずにしばらく置いて水分量を減らしてから捨てる
  • プラスチック類は、できる限りきれいにしてから「資源プラスチック」へ
  • 汚れや破れなどがなく、綿の入っていない衣類は「布類」へ
  • メモ用紙などの紙は、紙袋などにまとめ「紙類」へ