3つのお願い

  1. 一般家庭の庭の剪定枝(せんていえだ)や葉は干して乾燥させてから集積所へ出してください。
  2. 生ごみはギュッとひと絞りしてください。
  3. メモ用紙やティッシュ箱、トイレットペーパーの芯などの雑紙は、紙袋などに分けて「リサイクル資源」の日に出してください。

可燃ごみを減らすには

可燃ごみの約半分は水分です。また、可燃ごみには「雑紙」も多く含まれています。そのため、ひと手間加えて水分を減らしたり、分別したりすることで可燃ごみの減量につながります。