概要

 志木市の魅力を多くの人に知っていただくために誕生した、新しい志木市の観光PRキャラクター「4式ロボ(ししきろぼ)」と「いろは水輝(みずき)」皆さんはご存じですか?すでに観光ガイドマップの表紙に登場するなど、活躍をはじめています。
 このキャラクターの作者は、漫画家で映画監督の松浦まさふみさんで、「機動戦士ガンダム ムーンクライシス」や「機動戦士ガンダム0083 星屑の英雄」など多くのガンダムシリーズを題材にしたコミックを手掛け、その作品のほとんどを志木市にあったアトリエで描き上げていました。今回、そのご縁をもとに、カッパと志木市の市章をモチーフにした未来ロボットとそのパイロットとなる女子高校生によるオリジナルストーリーとキャラクターを作成していただきました。
 そして、今回、4式ロボといろは水輝が、市内にある清水運輸株式会社さんのご厚意により、同社所有のトラックのボディにプリントされ、動く広告塔として、関東一円を走ることになりました。世界に1台しかないこのトラック、街で見かけたら、ぜひ、手を振ってくださいね。
 

 キャラクターをペイントしたトラックの写真  キャラクターをペイントしたトラックの写真

 

 キャラクター・背景画像

■4式ロボ(ししきろぼ)
正式名称/ TYPE2604  対攻撃性汚染体用重装機械神
全長/90.6メートル
 21世紀の危機を救うために未来から来た巨大ロボで、TYPE2414 の改良機種。動力源は水素で、頭頂部に水素発生用のH2Oレセプターがある。操縦は考えるだけで動かせるため、邪念のない、純粋に街を守りたい心を持った人間しか搭乗できない。21世紀での稼働時間は、おおよそ15分。その間に起こったことは、21世紀の人間には認識されない。カッパと市章がモチーフ。

■いろは水輝(みずき)
 生まれも育ちも志木市の志木っ子の高校生、17歳。水泳が得意で「女カッパ」の異名を持つ。趣味は柳瀬川と荒川の散策で、普段は祖父の経営する飲食店でアルバイトをしている。ロボット搭乗時にメカニカルスーツを着用する

■背景画像
 志木市を代表する景色 新河岸川といろは親水公園

 
 
 

ライフイベント