野焼きを行うと、悪臭や灰が洗濯物に付くなど、生活環境の悪化をまねくことがあります。
また、寺社のお焚き上げなどの宗教上の行事、または、農業を営むためにやむを得ないものとして行われる稲わらなどの焼却、生活環境に支障を及ぼさない範囲で例外として認められている場合以外は、家庭の庭先で焼却炉を使わずにごみを燃やしたり、ドラム缶などを使った焼却などの野焼きは、法律や県の条例で禁止されています。
家庭や事業所から発生したごみは、野焼きせずに、適切に処理するよう、ご協力をお願いします。