療養費の支給

次のような場合は、いったん全額自己負担となりますが、国民健康保険の担当窓口へ申請し、審査で決定されれば、自己負担分を除いた額が払い戻されます。

療養費の申請書は保険年金課窓口にてご用意しておりますので、下記書類を添えて申請してください。

※医療費などを支払った日の翌日から2年を過ぎると支給できませんのでご注意ください。
※医療処置が適切であったか審査しますので、申請から支給までは2から3か月かかります。審査の結果、支給できない場合もあります。

医師の指示により補装具等をつくったとき

コルセットなど

申請に必要な書類

  • 領収書(材料名の記載が必要)
  • 医師の証明書
四肢のリンパ浮腫治療のための弾性着衣(ストッキング)

申請に必要な書類

  • 領収書(購入した物の詳細がわかる記載が必要)
  • 弾性着衣装着指示書
小児弱視の治療用眼鏡やコンタクト※対象は9歳未満の小児

申請に必要な書類

  • 領収書(弱視の治療用という記載が必要)
  • 医師の作成指示書(処方箋でも可、装用前後の視力検査結果が記載されているもの)

やむを得ない理由で保険証を持たずに診療を受けた時

申請に必要な書類

  • 領収書
  • 診療報酬明細書(レセプト)

他保険に医療費を返還した場合

申請に必要な書類

  • 領収書
  • 診療報酬明細書(レセプト)
 
 
 

ライフイベント