農地の転用

所有者等、権利を有する者が自ら農地以外の用途に転用するとき(法第4条)
農地の所有権、賃借権などの権利を設定、移転をしてから農地以外の用途に転用するとき (法第5条)

市街化区域内にある農地の場合
  • 農業委員会に届出が必要です。
  • 届出に係る転用行為が、都市計画法29条の開発許可を受けることを必要とする場合には、その許可を受けたことを証する書面の添付が必要です(法第5条のみ)
  • 受付は随時行っています。書類に不備等がなければ、受付から1週間程度で受理通知書を発行します。
  • 届出の際は、作成した書類等について、あらかじめ農業委員会事務局にご確認ください。
市街化調整区域内にある農地の場合
  • 農業委員会を経由し、県知事に申請し許可を受けなければなりません。なお、申請面積が2ha以上の場合には、農林水産大臣の許可を受けなければなりません。
  • 開発許可申請書並びに農地転用許可申請書は同時に提出しなければなりません 。
  • 毎月の許可申請受付締切日は5日(休日の場合は翌開庁日)で、毎月26日前後に行われる農業委員会総会で意見を決定し、進達後の翌月下旬頃に埼玉県の判断が下りるので、許可までは通常、申請から2か月程度の期間がかかります。
  • 届出の際は、作成した書類等について、あらかじめ農業委員会事務局にご確認ください。

農地転用届関連届出書ダウンロード

  1. 農地転用届書(4条) [69KB pdfファイル] 
  2. 農地転用届書(4条)記入例 [110KB pdfファイル]   
  3. 4条届出チェックリスト [145KB pdfファイル]   
  4. 農地転用届書(5条) [99KB pdfファイル] 
  5. 農地転用届出書(5条)記入例 [127KB pdfファイル]  
  6. 5条届出チェックリスト [147KB pdfファイル]