赤ちゃんが生まれたとき

出生に関する届出

戸籍の届出には、出生・死亡などの事実が発生した後に届出するものと、婚姻・離婚などの届出をすることによって、一定の身分関係を公証するものがあります。

いずれの届出も届出書の記載事項、添付書類などが法令によって定められています。

期日を守って正確に届けましょう。

届出期間

生まれた日から数えて14日以内(14日目が市役所閉庁日のときは、翌開庁日が期限となります。)

届出人

父母、法定代理人、同居者、医師、助産師の順

届出場所

父母の本籍地、届出人の住所地、出生地のいずれかの市区町村役場

届出に必要なもの

  1. 出生届書(医師又は助産師の証明書)1通
  2. 印鑑(届出人のもの)
  3. 母子健康手帳
  4. 健康保険被保険者証(児童手当請求者のもの) 
  5. 銀行などの口座番号(児童手当請求者名義のもの)
  • 窓口閉庁時間に届出される場合は、3から5までは不要です。後日、開庁時間に子ども家庭課へお越しいただき、児童手当などの手続をする必要があります。

届出の際にあわせて行う手続について

志木市に住所がある人は、出生届とあわせて児童手当、子ども医療費などの手続を行っていただきます。詳しくは下記のページを確認してください。

児童手当制度

子ども医療費(乳幼児)助成

戸籍の記載について

志木市役所総合窓口課に戸籍の届を提出された場合、志木市に本籍がある人の戸籍の完成までは、受理日を含めて10日程度のお時間をいただいております。

内容により、完成日が前後する場合がありますので、戸籍を請求される人は、総合窓口課戸籍担当までお問い合わせください。

志木市役所での届出

受付時間および受付場所

戸籍の届出は、24時間受け付けます。(不受理申出を除く)

受付場所は志木市役所本庁舎のみとなります。

詳細については戸籍届出の受付時間および受付場所で確認してください。

 
 
 

ライフイベント