志木市消費生活センターからのお知らせ

新型コロナを口実にATMへ誘導する還付金詐欺に関する注意喚起

新型コロナウイルスを口実にATMへ誘導する還付金詐欺が起きています。
少しでも不安に感じたら、家族や警察、消費生活センターへご相談ください。

詳細は下記、消費者庁のホームページをご覧ください。
消費者庁ホームページ「新型コロナを口実にATMへ誘導する還付金詐欺!」

内容

【事例1】「3万円の還付金がある」と市役所を名乗る電話があり、口座のある銀行名を聞かれ答えた。その後、その銀行を名乗り「新型コロナの影響で65歳以上は銀行に入れないのでショッピングセンターのATMに行くように」と電話があった。不審だ。(60歳代、女性)

【事例2】役場を名乗る電話があり「介護保険料の返金がある。新型コロナの影響で返金期限が早まり手続きは本日までだ。携帯電話と通帳を持って銀行のATMへ行き、指定の電話番号に電話し指示どおりに操作するように」と言われたが詐欺ではないか。(60歳代、女性)

ひとこと助言
  • 役所などの公的機関や金融機関の職員が還付金手続きのためにATMの操作をするよう連絡することは絶対にありません。
  • 「お金が返ってくるのでATMに行くように」という電話があったら還付金詐欺です。相手にせず、すぐに電話を切ってください。
  • 新型コロナを口実にしてATMへ誘導する手口もみられます。心当たりがあっても、指示された番号に電話はかけず、役所の担当部署に確認してください。
  • 不審な電話があったら、すぐに最寄りの警察や志木市消費生活センターにご相談ください。

 

入力されたデータは、SSLプロトコルにより
暗号化されてサーバーに送信されます。